太陽生命は女性が働きやすい職場づくりを目指す

太陽生命は女性が働きやすい職場づくりを目指す

従業員数が2017年3月時点で11,370名と巨大な規模を持っていると言われる太陽生命保険株式会社。この会社の大きな特徴として、その働きやすさがフィーチャーされます。太陽生命保険株式会社が持っている職場の働きやすさには、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

太陽生命保険株式会社では、多様な人材が働きがいを感じながら、それぞれの能力を発揮することができる企業風土の形成に取り組んでいるといいます。その中には女性の活躍推進が挙げられます。プロジェクトチームを設置するなどをして女性が活躍するように推進している太陽生命保険株式会社。この企業では「積極的な管理職登用と育成」「両立支援制度の充実」「意識改革」などが中心的に行われています。

 

女性社員においても、太陽生命保険株式会社ではキャリアを形成するための研修を実施しています。一般職からエリア総合職への職種転換制度を活用することによって、積極的な女性の管理職の育成や登用に繋がっているようです。これは、従来の太陽生命保険株式会社では、総合職だけに育成機会が限られていたというものがあります。そのようなあり方が見直され、管理職候補となる女性職員へ選抜研修などを実施する動きに繋がっています。さらに、多様な業務経験機会を提供するために、社内留学やグループ人材交流などを実施。これによって、キャリアアップに繋がるだけでなく、業務間の職務内容の共有にも役に立ち、他分野の仕事にも理解を示せるようになったという声も聞かれます。このような取り組みをしたおかげで、2017年4月には女性執行役員がはじめて誕生したようです。この企業では、2015年3月には19.0%だった女性管理職比率が、2017年3月には20.1%になったというデータも挙げられており、一定の成果を上げているようです。

 

さらに、太陽生命が行っている仕事と育児を両立支援する制度も見逃せません。女性の継続就業を支援するこの制度は、育児休業制度や短時間勤務制度などの充実によって女性が育児を理由に仕事を辞めなくても良いという環境をつくり上げています。また、柔軟な勤務が可能となるフレックスタイムの拡充や積立傷病休暇制度を導入することによって、家族に万が一のことがあっても安心感があるという声も聞かれています。

 

太陽生命保険株式会社では、女性が輝ける職場づくりが進められています。女性の管理職の比率も年々上がっていることでも示される通り、太陽生命保険株式会社は女性が働きやすい会社だと言えるようです。