あらゆるライフイベントに対応する太陽生命

あらゆるライフイベントに対応する太陽生命

財務健全性の格付けでA評価以上を受け、保険料等収益が6,543億円と、実績を積み上げている太陽生命保険株式会社。この企業では、働きやすい職場環境の実現に邁進しているようです。各種制度を使って育児支援を含めた従業員が、それぞれ生き生きと働けるような取り組みは、一定の評価を得ていると聞きます。太陽生命保険株式会社が行う働きやすさの実現には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

入社してからの従業員の人生において、そのライフイベントは多種多様なものがあります。結婚から出産、そして育児をするにあたって、仕事との両立が難しくなってしまうことも珍しくはないそうです。そのような事態に備えて、太陽生命保険株式会社では、従業員の子育て支援のために各種制度の充実を図っています。育児休暇や短時間勤務制度などの次世代育成支援を積極的に行う企業として、東京労働局長から「基準に適合する一般事業主の認定」を取得するほどです。また、2015にはより高い水準で取り組みを行っている企業として「プラチナくるみん」の認定も取得しています。「プラチナくるみん」とは、子育てサポート企業として「くるみん認定」を取得した企業の中から、さらに高いレベルで取り組みを行った企業が認定を受ける制度です。太陽生命保険株式会社では、短時間勤務制度に代表される育児や介護を支援する人事制度の積極的な活用を行っています。これに加えて早帰り施策の継続的な取り組み、有給休暇取得促進といったさまざまな育児両立支援の取り組みが評価されて「ぷらちなくるみん」を取得するに至ったようです。

 

太陽生命保険株式会社が行っているのは育児支援だけではありません。シニアにやさしい生命保険会社を目指している太陽生命では、介護支援の環境も手厚いようです。もともと法令を上回る対応をしてきた太陽生命保険株式会社ですが、2016年にはその介護休業・介護休暇制度を業界トップクラスにまで改正しています。日本の超高齢社会に適合する職場環境をつくるために、介護と仕事を両立するための仕組みを太陽生命保険株式会社ではあらかじめつくっているようです。

 

人生におけるあらゆるライフイベントに対して、太陽生命保険株式会社では仕事と両立できるように取り組みを行っています。こうすることによって、離職率を下げることにつながり、業務のクオリティが上がり、それに伴い顧客に質の高いサービスを提供できるようです。今後にも注目ができるでしょう。