それぞれが輝ける職場環境をつくる太陽生命

それぞれが輝ける職場環境をつくる太陽生命

創業から120年以上の歴史を持つ太陽生命保険株式会社では、日本ではじめて持株保険会社として株式上場したという実績があります。そんな太陽生命の経営ビジョンは、高品質な商品とサービスを通じて、顧客に必要とされ、愛される会社を目指すというものです。また、それと同時に顧客への感謝の気持ちと仕事への誇りを大切にし、広く社会に役立ち、確かな未来に貢献できる会社を目指すことも追求しています。これらの経営ビジョンは成長の礎として、「顧客」「従業員」「社会」の持つそれぞれの視点で、太陽生命保険株式会社が目指す企業像を具体的に表現したものでもあります。そして、太陽生命保険株式会社が目指す方向性も明確に表しているのです。

 

このような経営ビジョンを持っている太陽生命保険株式会社では、働きやすい職場環境を実現するためにさまざまな取り組みを進めています。これは、育児支援や介護支援環境をより良いものにするものや、スマートワークを実現させて業務効率を高めるものでもあります。このような施策は顧客に対してパフォーマンスの高いサービスを提供することにも繋がるため、太陽生命保険株式会社の成長にも一役買っているようです。

 

では、太陽生命保険株式会社の行っている働きやすい職場環境を実現させるための制度には、どのようなものがあるのでしょうか。育児支援のための制度は、法令を上回る育児休業制度を実施しており、その制度の休みは、該当する女性社員のほとんどが取得しています。また、それだけではなく2017年には男性社員がより育児に参加しやすい環境を整えるための施策も実施しています。これが「育児参加のための休暇」です。業務繁忙期の取得や分割取得といった従業員の要望も取り入れており、育児と仕事を両立するためのサポートができる職場づくりを目指すものだそうです。

 

さらに、太陽生命保険株式会社は、介護休業・介護休暇の水準も業界トップレベルです。これは、2016年の改正によってもたらされました。無条件で介護休業を取得できる対象者を大幅に拡大したり、取得期間を拡大したりしたことは、介護をしている人からも好意的に受け入れられているようです。さらに、介護休業の分割取得や半日単位での取得によって、仕事が忙しいときでも気軽に休みを取得することが可能になったという声も聞かれます。

 

太陽生命保険株式会社は、働く人がそれぞれ自分の力を最大限発揮できるような職場環境を整えていると言えるようです。そして、それが太陽生命保険株式会社の力になっているのではないでしょうか。