ワークライフバランスと太陽生命

ワークライフバランスと太陽生命

女性管理職の比率が高かったり、育児休暇や参加制度が充実していたりする太陽生命保険株式会社。その創業は古く1893年からで、日本ではじめて保険持ち株会社として株式上場に成功した企業でもあります。働き方の変革を進めている太陽生命保険株式会社では、スマートワークの推進を行っています。それに必要な取り組みとは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

太陽生命保険株式会社がワークライフバランスを充実させることは、スマートワークの実現に欠かせないそうです。これは有給休暇の取得や、育児休暇、時短の取得促進、介護休業、介護休暇制度の拡充、さらには従業員の健康増進への取り組みを行うことが一例として挙げられます。このような取り組みを行うことによって、さまざまな人が輝けるダイバーシティの推進へとつながるようです。このワークライフバランスを充実と、仕事の質の向上とつなぎ合わせることでスマートワークが実現され、業務効率の向上と業界トップレベルの顧客サービスを同時に実現させることにもつながるのです。

 

では、ワークライフバランスの充実に必要な取り組みについて具体的に見ていきましょう。太陽生命保険株式会社では、年次有給休暇20日をスムーズに消化するために、年15日以上の計画的な取得を推進しています。これは管理職も含まれるため、取得を申請しやすい空気づくりが生まれるようです。さらにこれだけではなく、育児休暇や時短勤務制度も整備され、該当する女性社員はこれらの制度をほぼ全員利用しています。

 

大きな社会課題となっている介護に関しても、太陽生命保険株式会社は制度を手厚くして取り組んでいます。従業員の仕事と介護の両立を支援するために、介護休業・介護休暇制度を改正しました。2016年に行われたこの改正によって、太陽生命保険株式会社の水準は業界トップクラスとも言われています。ベストシニアサービスを行っている太陽生命株式会社ならではの取り組みだという声も聞かれています。

 

さらに、従業員の健康増進への取り組みは提携クアオルトと呼ばれる健康保養地を活用した健康増進案、そして、がん検診の受診率向上などを推進しています。このことによって、従業員が元気に、健康で、より長く働ける環境をつくれるようにしているのです。そして、このような取り組みが評価されて、経済産業省における「健康経営優良法人認定制度」に基づく「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」にも認定されています。このような会社が働きやすいのではないかという声もあるようです。

 

管理人が選ぶサイト◇◇◇太陽生命保険(株) | 新卒採用・会社概要 | マイナビ2020